平成仮面ライダーが小説に!|兄と妹、ときどき仮面ライダー
平成仮面ライダーが小説に!など、育児と仮面ライダーを楽しむブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

平成仮面ライダーが小説に!

以下抜粋
-------------------------------------------------------------------------------

長くファンに愛されている特撮の「平成仮面ライダーシリーズ」の12作品、仮面ライダークウガからオーズまでが小説となって、ファンの前に再登場することになった!! テレビシリーズ各作品を担当した脚本家陣が、スピンオフ小説として新たに腕を振るうもので、来月30日から「講談社キャラクター文庫」(税込み650円)として発売される。

 今回は第1弾としてクウガ(00年放送開始、主演・オダギリジョー)、カブト(06年、主演・水嶋ヒロ)、W(ダブル=09年、主演・桐山漣、菅田将暉)、オーズ(10年、主演・渡部秀)の4作品が同時発売される。

 クウガを執筆するのは荒川稔久氏。東映特撮番組を20作品以上書いており、近年は「アキバレンジャー」や「大魔神カノン」という大人向けの特撮作品にも携わっている。カブトは米村正二氏。05年の「仮面ライダー響鬼」以降の平成シリーズで活躍するライターで、「プリキュアシリーズ」「アンパンマン」「ポケットモンスター」「ダンボール戦機」など、アニメ作品も多くを手掛けている。

 Wの三条陸氏は漫画の原作やアニメの脚本など幅広く活躍しており、「週刊少年ジャンプ」で大人気だった「ダイの大冒険」の原作者としても有名だ。そして、オーズの毛利亘宏氏は早稲田演劇出身の劇団「少年社中」の主宰兼脚本家。オーズから平成シリーズに参加して、同じく平成シリーズを担当する小林靖子氏と一緒にシリーズ構成することが多く、現在、テレビ朝日系で放送中の「特命戦隊ゴーバスターズ」(日曜、前7時半)なども担当している。以上、テレビシリーズを知り尽くす、豪華脚本家陣が“小説家”として腕を振るう。

 気になる内容だが、クウガの五代雄介(オダギリ)、カブトの天道総司(水嶋)、Wの左翔太郎(桐山)とフィリップ(菅田)、オーズの火野映司(渡部)、と相棒のアンク(三浦涼介)など、人気キャラクターが新たな活躍を見せるという。特にW編では「仮面ライダーサイクロン」が初登場。テレビ、映画では見られなかった、新たなライダーの世界が広がっていく。

 第2、3弾も随時、発売予定で、中でも注目は「仮面ライダー電王」だ。脚本家ではなく、当時の番組プロデューサーで現東映株式会社取締役・映画企画部門担当の白倉伸一郎氏がペンを握る。平成シリーズの人気を確固たるものにした名プロデューサーが、どういう物語を展開するのか期待大だ。

[2012/10/13-06:10 スポーツ報知]
-------------------------------------------------------------------------------

特に大好きなWは大好きな三条さんが書かれるみたいなので、いっそう楽しみ♪

「仮面ライダージョーカー」のVシネマ化はまだなのか・・・と思っていたけど、こうなったらこの小説もぜひ映画化またはVシネ化してほしいな。

電王は小林靖子さんが書くべきなのでは・・・(^_^;)
名プロデューサーうんぬんより、問題は文才なのでは・・・と思うけど、文才もある名プロデューサーなのかもしれないのでとりあえず読んでみよう。。


小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)

小説 仮面ライダーオーズ (講談社キャラクター文庫)

小説 仮面ライダーカブト (講談社キャラクター文庫)

小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)
スポンサーサイト
TOP仮面ライダー平成仮面ライダーが小説に!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 兄と妹、ときどき仮面ライダー All Rights Reserved.
FC2ブログ
レンタルサーバー業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。