小説仮面ライダーWの感想|兄と妹、ときどき仮面ライダー
FC2ブログ
小説仮面ライダーWの感想など、育児と仮面ライダーを楽しむブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

小説仮面ライダーWの感想

アマゾンで注文していた本が届きました。こちら。

小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)

ちびちび楽しもう~♪と思っていたのに、面白くてつい一気読みしてしまいました・・・(^_^;)

面白かった!
さすが三条陸さん!

レビューでは「作家ではないので文章が稚拙」的なものをみかけたけど、全然まったくそんなことは感じませんでした。
三条陸さんは脚本家・漫画原作者というのが一般的な肩書きのようですね。

仮面ライダー関連では
・仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010『仮面ライダーW ビギンズナイト』(脚本)
・仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(脚本)
・仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE『仮面ライダースカル メッセージforダブル』(脚本)
・PIECE 〜記憶の欠片〜(脚本)←これは東映NEXT HIROという映司&アンク役の二人が主演の映画

とこのあたりの脚本を書かれているのが三条さんです。
何と言っても仮面ライダーW本編のメインライターをされていたことで、私はすでに大ファンと言っても過言ではないかもしれません。
フォーゼ本編も数本書かれています。

一番有名なのは
・DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(作画:稲田浩司 監修:堀井雄二、集英社、週刊少年ジャンプ掲載)
ではないかな~と思いますが、どうなのかな・・・。

話を戻しますが、小説はWのエクストリーム直後のあたりの時間軸の設定でした。

亜樹子もアクセルもシュラウドも風都イレギュラーズも普通に出てくる、Wのストーリーの中のひとつ、スペシャルドラマ仕立て、という感じでした。

フィリップの一人称で小説は進んでいくので、本編ではあまり出てこなかったフィリップの心の中がよくわかるようになっています。
そして、本編で詳しくは明かされなかった色々な疑問もさらりと解決されています。
(ロストドライバーのこととか、ファングメモリには組み合わせとしてジョーカーしかありえないこととか、サイクロンメモリの特性とか)

一番の目玉は「仮面ライダーサイクロン」が登場するところでしょう!
フィリップも一人で変身するんですよ~!

ドーパントも新たにZのドーパントが登場していて、謎解き・星の本棚など、読みながら頭の中に映像が自然と浮かんでくる小説で、そこにはいつものWの雰囲気が自然にあって、最初から最後までものすごく楽しめました。
フィリップのちょっとしたラブストーリー(と言えるのか)にもなっていて、読んでてゾクゾクしましたよ~

ああ、ぜひとも映像化してほしい内容だったのですが、もうムリなんだろうか・・・

電王トリロジーみたいにジョーカー編と対で映画化してほしい!
そしたら最後までWは「2in1」になって、キレイにまとまると思うんだけどな~

映像化した場合、ヒロイン役は誰がいいか・・・とけっこう真剣に考えています(笑)
コヨミちゃんみたいな子がいいんだけど、最近のアイドルがよくわからないので適当な人が思いつかない(^_^;)

Wファンの人なら絶対に楽しめると思います!
小説Wも、ず~っと続くといいのにな~~~




スポンサーサイト
TOP仮面ライダー小説仮面ライダーWの感想

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

して欲しいけど、過去話なのにフィリップが成長しちゃってますからね〜。
他のキャストは成長期を過ぎてたからいけますが…。
ちょっと設定を変えないとムリですね(>_<)
頭の中では映像、音声、BGMまで再現されて再生されてましたが…(笑)
あおい at 2012/12/25(火) 09:25 | URL

ですよね…(^_^;)今映像化してもフィリップに違和感ありますよねきっと…。
それでも見てみたいと願ってしまいますが、見たら見たでがっかりするのかもしれませんね~
mell321 at 2012/12/25(火) 19:43 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 兄と妹、ときどき仮面ライダー All Rights Reserved.
FC2ブログ
レンタルサーバー業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。